株式会社城山ホームページTOPへサービス > クラウド版グループウェアサービス Office 365 > Exchange Online

Exchange Online -Office 365 -Microsoft

Exchage Online

□ 50GBの大容量メールボックス
□ スケジュール管理
□ 施設、機材予約
□ 連絡先管理
□ タスク管理
□ Officeと密に連携

メールや電話によるスケジュール調整はひと苦労でした。
なかなか相手が捕まらなかったり、既に予定が埋まっていたり。
いまではクラウド上でチームメンバーの状況がひと目で分かります。
会議の出席者を調整して、会議室を予約。関係者には必要に応じてメールで送信。
ポリシーも万全だから、誤送信による情報漏えいの心配もありません。

効率よく、適切に仕事を遂行するシステム

Exchange Online は、仕事を効率よく適切に処理するためのメールを起点としたシステムです。特に、クライアントアプリケーションとして Outlook を利用する際に、最大限の価値を発揮します。

ほぼすべてのデバイスから利用可能

PCやMacで利用できるのはもちろんですが、ブラウザ、専用アプリ、ActiveSync により、ほぼすべてのデバイスから利用可能。データはクラウド側で管理されるため、デバイス間の同期は自動化されます。

標準で50GBの大容量メールボックス

Office 365 では、標準で50GBのメールボックスを提供。個人用アーカイブでも標準で提供されているため、50GBの中身をユーザーが自分に最適なかたちで、メールボックスとアーカイブ領域に分けて利用できます。これにより、以前のメールを保持したまま、スムーズなメールのやりとりを行えます。

トランスポートルールで安全なメール運営

トランスポートルールは、組織を通過するメールに、条件を確認して必要な処理を行う仕組みです。たとえば、個人情報が記載されたメールは自動的に上司の承認を必要とする、というような設定が可能。免責事項を挿入するなど、多様で柔軟なルールを設定できるので、企業のポリシーに従った運営が可能です。

メールの保持期間を可視化するポリシー

コンプライアンス遵守のためには、メールデータの保持期間を定めるポリシーの策定も求められます。Exchange では、組織レベルの保持ポリシーを作成し、部署単位での適用が可能。誰もが瞬時に把握できるよう、ポリシーはヒントとしてメール作成時に表示します。

チームでの共同作業を促進

チームでの共同作業を促進チームの予定を把握するには、グループスケジュールを確認。選択したメンバーの予定を確認し、予定が空いている日時を確認できるため、会議の調整もすばやく行えます。SharePoint と連携させれば、チームサイトと連動させることにより、さらに効率的な共同作業が可能です。

万全なスパムメール対策で安心

スパムメールは、送信者や受信者、Sender ID など複数のフィルターで検出するとともに、過去の検出結果をも活用しています。特定の地域から送信される、特定の言語のメールのみを受信する設定も可能です。また、多層防御を可能にする Exchange Online Protection も標準搭載されています。

万一の災害や事故の際でもメールが継続可能

メールやスケジュール、連絡先など、消えると困る重要情報も、Office 365 ではクラウド上に保存、管理されるため、万一の事故や災害でも失うことがありません。仮に現在のデバイスからメールや送受信ができなくなっても、他のデバイスから続けられます。

共同で利用可能なメールボックスや機能

Exchange Online のメールボックスや機能は、業務効率向上や、スケジュール共有の促進に最適です。使用にあたっては、いずれもライセンス費用や追加費用が一切かかりません。

リソースメールボックス
会議室メールボックス 10GB
会議室を登録すれば、空き時間をすぐに見つけられるようになります。会議室の場所、電話番号、定員も表示できます。
備品メールボックス 10GB
プロジェクターや車など、さまざまな備品の管理を行います。
共有メールボックス 10GB
たとえば、info@xxx.jpなどの代表メールアドレスで利用するメールボックス。権限あるメンバーが同じメールボックスを確認すれば、対応が確実です。
パブリックフォルダ 50GB
組織内で公開する会話や掲示板、資料などの共有に利用。
配布グループ
チーム単位やプロジェクト単位など、ユーザーを一つにまとめてメールをやりとりする際に使用。
サイトメールボックス 5GB
Sharepoint Online が提供する機能。資料の共有だけではなく、関連するメールなども1箇所に集約されるので、プロジェクトの推進などに便利です。

コンプライアンス対応アーカイブ機能(Plan2)

Office 365 には、コンプライアンス対応アーカイブ機能の Exchange Online Archiving (EOA) をオプションとして加えられます。この場合、アーカイブ領域は無制限となり、実質的にすべてのメールをアーカイブしておくことが可能です。

重要情報の流出を防ぐデータ損失防止機能(Plan2)

データ損失防止機能は、重要データの流出を防ぐためのものです。たとえば、個人情報やクレジットカード情報が含まれているメールを検出し、配信停止にするといった措置をとることができます。ポリシーテンプレートの活用により、すぐに始められます。

社内電話をボイスメールに(Plan2)

ホスト型の音声メッセージサービスにより、会社は社内電話システムを Exchange Online が提供するボイスメールサービスに接続できます。ユーザーは、Outlook、Outlook Web App、携帯電話などから音声メッセージにアクセスできるようになります。

ページ上部へ