SDモバイルホームページTOPへサービス > Office365なんでも相談会 > Office365に寄せられたご相談

Office365によせられたご相談

試用版 Office 365 ProPlus から VL 版 Office への移行について

試用版の Office 365 ProPlus から VL 版 Office への移行が可能であるかを教えていただきたい。

ご質問の回答

Office 365 ProPlus (2013) を使用されている状況からボリュームライセンス版を使用したい場合、直接の移行はできかねますため、Office 365 ProPlus (2013) を一度アンインストールを行っていただき、その後にボリュームライセンス版をインストールしていただけますようお願い申し上げます。

以下に、Office 365 ProPlus (2013) のアンインストールと、試用版の期限につきましてご案内いたします。

■ 1. Office 365 ProPlus (2013) のアンインストールについて
============================================================
Office 製品は、アンインストールを行いましても Outlook の PST ファイルや OST ファイルといったデータファイル、およびプロファイルはクライアントから削除されない動作となっておりますが、Office の詳細設定などは引き継げない動作となっております。

念のため弊社環境で実際に検証を行ないましたところ、メールデータが消えずに Outlook のアカウント (プロファイル) を引き継ぐことが可能でございましたが、レジストリやアプリケーションを管理しているソフトウェアにより、各種データファイルが完全削除される可能性もございますため、当サポートではバックアップを保存することを推奨しております。

以下に、バックアップとアンインストールの手順をまとめましたのでご覧くださいますようお願い申し上げます。

<1-1> Outlook 2013 のデータをバックアップする
==============================================
通常、Outlook はアンインストールを行いましても PST ファイルや OST ファイルはクライアントに削除されずに残りますが、環境により例外が発生してしまった場合に備えましてバックアップを行うことを推奨させていただきたく存じます。

手順につきましては、以下の Web ページをご覧いただければ幸いです。

Title : 初心者でもわかる! Outlook のバックアップ
URL : http://support.microsoft.com/kb/2633154/ja

<1-2> Office 365 ProPlus (2013) をアンインストールする
==============================================
アンインストールには、適用プログラム (Fix it) をご利用いただくことをお奨めいたします。
Fix it をご利用いただくことで、レジストリなどに残っている Office 365 ProPlus の情報を完全に消去し、改めてインストールを行うことが可能です。

Title : Microsoft Office 2013 または Office 365 のアンインストール
URL : http://support.microsoft.com/kb/2739501/ja

※ ご注意 ※
・ Fix it の実施後は端末を再起動していただくようお願いいたします。
・ Fix it は、2013 バージョンの Office 製品が対象となります。
Office 365 ProPlus 以外にも Visio や Project Pro などのアプリケーションにつきましても、2013 バージョンをご利用の場合はアンインストールの対象となりますので、予めご留意いただきますようお願い申し上げます。


■ Office 365 ProPlus (2013) ライセンス認証の動作について
============================================================
Office 365 ProPlus は 30 日に一度、自動的にバックグラウンドでライセンス認証を行うようになっており、ライセンス認証を正常に完了させるにはオンライン環境が必須となります。

ライセンス認証が正常に完了すると、ライセンス認証を行ってから 30 日間はライセンス認証済みのステータスとなります。ライセンス認証済みのステータスの状態でオフラインとなり、ライセンスの有効期限が 0 日になりますと、猶予期間モードへ移行いたします。
猶予期間モードは全ての機能がご利用いただけるモードとなっておりますので、通常通り Office をご利用いただくことが可能でございます。しかしながら、猶予期間中に Office 365 ProPlus がサブスクリプションの状態を確認できなかった場合 (インターネットへ接続できなかった場合) 、猶予期間開始日から 31 日目に機能制限モードに切り替わります。
機能制限モードの動作につきましては、以下の Web サイトをご参照くださいますようお願いいたします。

Title : Office 365 ProPlus のライセンスおよびライセンス認証の概要
URL : http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/gg982959.aspx

WebからもOffice365のご相談を受け付けています!

相談会の日程と都合が合わない、距離が遠いので相談会に行けない、といったお客様の声を受けまして、Office365なんでもオンライン相談会を開始しました!Office365に関するご質問なら何でもお気軽にご相談下さい。専門のスタッフがお客様の疑問を解決します!

ページ上部へ